効果があるか半信半疑で買ってみた30日間英語脳育成プログラム

| コメント(0) | トラックバック(0)
私が「30日間英語脳育成プログラム」を手に取ったのは今から4か月前のことです。元々旅行が大好きで日本中色々な所を旅してきました。でも、日本をもっと知りたいと思ったのは海外旅行に行き始めてからです。両親も海外旅行に行くのを楽しみに暮らしているような人達で、その影響もあってか旅した国は数知れず、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ボリビア、中国、韓国、ベトナム、フィリピン、タイ、インドネシア、インド、カタール、エジプト、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、イタリア、ノルウェー、オランダ、デンマーク、スイス、ドイツ、フランス、イギリスなどなど。訪ねた街の名前で言ったら本当にキリがありません。なので英語に関して別に苦手意識はありません。通じればいいや、英語はただのコミュニケーションツールなのだからと思っていました。

でも、でも私もブロークンイングリッシュをそろそろ卒業してもいいかしら、と突然思い立ったのです。きっかけは特にありません。ただ、これだけ海外を旅していて色々な国の人達と英語でコミュニケーションをとってきたけれど、このスキルをもう少し効果的に磨いてみたいなと本当に突然思ったのです。それではじめはアメリカで売っている外国人用の英語の教材を買ってみたのですが、どうも効果が感じられないというか、しっくりこないんです。いくつか試しましたがどれも駄目。リーズナブルなのですが、どうもイマイチだったのです、私にとっては。そこで目をつけたのが「30日間英語脳育成プログラム」でした。


英語が話せた!と評判。30日で基礎が身につく噂の英語教材とは?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://best4stopsmoking.com/mtos/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、Janeが2012年9月 2日 17:50に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「30日間英語脳育成プログラムとリスニング&スピーキングの効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。