30日間英語脳育成プログラムで秀逸なのは効果的な学習ステップの流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)
30日間英語脳育成プログラムの秀逸な学習ステップの詳細は以下のようになります。
【ステップ1】会話の背景を理解する
これから流れる英語の会話のシチュエイションを日本語で理解しておきます。すると本来聴き取りづらい単語なども背景知識から予測可能になり会話の内容を把握しやすくなる効果があります。

【ステップ2】テキストを見ずに繰り返し英語の音声に耳を傾ける
まずはテキストを見ないで英会話を聴き取って内容が理解できるように努力します。聴き取れるまで何度でも繰り返します。このステップは映画でいえば字幕をオフにして鑑賞するような状態です。聴きとれた部分を文章に書き記してみましょう。

【ステップ3】会話の中で聴き取れなかった部分をテキストを見て確認する
何度聴いてもも聴き取れなかった部分をテキストで確認します。これによって脳が音声と英単語を結び付けることができます。例えば「タノー」ときこえるけれど文字にすると「tunnel」みたいなものです。日本語ではトンネルと発音しますね。

【ステップ4】聴こえた順に英語を理解する
日本語と英語の大きな違いとして文章内の主語や動詞などの語順が全く異なることが挙げられます。これが日本人が英語をマスターする上で大きな壁となりやすい理由のひとつです。英語をそのままの語順で日本語に置き換えずに理解する訓練をしましょう。

【ステップ5】テキストを見ながら聴き取る

テキストを見ながら聴き取りを行います。ステップ4で確認した英語の語順のまま意味を理解するという作業を実際に聴き取りをしながらもう一度ここでおさらいします。

【ステップ6】もう一度テキストを見ないで音声を聴く

再びテキストを見ないで聴き取りを行います。最初に聞こえていなかった単語が音声としてしっかり脳に届いていることを確認しましょう。また、英語の語順の通りに意味が脳内にイメージとして浮かんでいるか確認しましょう。できなかったら繰り返し聴いても良いですし、必要であれば前のステップに戻って学習を重ねましょう。

【ステップ7】テキストを見ながら音読する
今度はいよいよ発音してみます。テキストを見ながらナチュラルスピードに近いスピードで発音できるように繰り返し音読してみましょう。つっかえやすい個所や音声の通りのリズムで音読できない箇所を確認してどうやったら近づけるのかトライ&エラーを繰り返してみましょう。

【ステップ8】シャドウイング
最後のステップはシャドウイングです。テキストを見ずにネイティブスピーカーの音声を真似てみましょう。ステップ7と8で発音することは、発音の練習と同時に自分の声が耳に入ることによる記憶の強化につながると思われます。


英語が話せた!と評判。30日で基礎が身につく噂の英語教材とは?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://best4stopsmoking.com/mtos/mt-tb.cgi/9

コメントする

このブログ記事について

このページは、Janeが2012年9月 5日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「30日間英語脳育成プログラムが効果的だと思う点」です。

次のブログ記事は「30日間英語脳育成プログラム|効果があるのは中級編?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。